2017年夏の甲子園は花咲徳治が埼玉県勢として初優勝して幕を閉じたが、3回戦大阪桐蔭対仙台育英で、仙台育英の長谷川選手が一塁を駆け抜ける際に一塁手の足を故意に蹴ったのではないかとネット上で騒ぎになった。