2017年の阪神タイガースの1位指名は早稲田実業高校の清宮幸太郎になる可能性が高いようだ。
実力的には、今年の高校生打者のドラフト候補の中では、履正社・安田、広陵・中村と並びトップに近い評価だと言っていいでしょう。
歴代の伝説的な打者、松井秀喜、清原和博よりも劣ると言われているが、高校一年の夏の甲子園から高校野球を盛り上げた人気は、どの球団もあやかりたいと思うだろう。
阪神タイガーズの本拠地甲子園球場は、浜風の影響があるので、左バッターに不利な球場だと言われている。
また、ファーストしか守れないのも、チームの編成上、どうなのか疑問がある。
確かに清宮は非常に魅力的だが、今年こそは1年間ローテーションを守れる即戦力先発投手を指名しておかなければ、今後は慢性的な先発投手不足に悩み続ける可能性が高い。
今年は、メッセンジャー、ドリス、マテオで外国人投手陣の成績が良いので、ペナントレース2位をキープできそうだが、この3人が不調になり、来年も藤浪晋太郎が死球で苦しんで二軍暮らしをするようなら、来年の阪神は非常に厳しい戦いになるだろう。
しかし、たとえチーム成績が振るわなくとも、清宮見たさにファンが甲子園に通えば、球団の利益的には問題ない。
逆に考えれば、優勝争いを諦め、若手の積極的起用の大義名分があれば、清宮を使い続けることもファンは納得するだろう。
プロ野球は興行であり、優勝しなくてもお客さんが入る阪神タイガースなら、迷わず清宮でいいかもしれない。