2017年9月19日時点

福島みずほのツイッターを見ていると、全く北朝鮮のミサイル発射問題へのツイートが見当たりません。

沖縄問題、平和フォーラム、女性の人権、働き方改革、労働問題、加計学園問題に関するツイートが多いのですが、北朝鮮関連に関しては全く興味がないのか、それとも見て見ぬふりを決め込んでいるのでしょうか。

おそらく見て見ぬふりを徹底しているのだと思いますけど、政治家として、ミサイル問題に全く言及しないのは非常に違和感があります。

憲法9条があれば、絶対に平和が守られるので、ミサイルは飛んでこない。そんな、絶対に飛んでこないものに対して議論するのは時間の無駄

と思っているのでしょうか。

少なくとも、多少の北朝鮮への非難があってもいいと思いますが、本当に少しもないのです。

しかし、この北朝鮮に対して批判をしない徹底した政策を支持する人も一定数いるので、党首を差し置いて、自ら比例で何とか当選したのでしょう。

日本には表現の自由があるので、北朝鮮への批判を一切しない政治家がいてもいいのです。

その政治家に対して投票するかしないのかは国民の選択です。